HOME   »  未分類
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は、いわゆるサブカルチャーといわれている、アニメやマンガが好きです。
アニメに関しては、本当に熱中していた頃、毎日ではありませんけど、5~6時間観っぱなしなんて事もありましたから、一般的にも、そこそこ好きな部類には入るのではないでしょうか。

ただ、ここ4か月くらいは、個人的にあまり面白いと思う作品が少なくなってきたので、観ることがほとんど無くなってしまっていたんです。

しかし、最近、4か月の沈黙をやぶる作品を見つけました。

友達のススメで知った作品なんですが、「正直、つまらなければ、すぐやめればいいや・・」くらいの軽い気持ちで観はじめたんです。


すると、これがなかなかいいですよ。


どんどん引き込まれてしまって、結果的には、毎週、リアルタイムでかかさず観るハメになってしまいました・・・それも、最終回には、大人げなく大号泣です(-_-;)


その作品は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』略称は「あの花」です。
全11話の作品で、ちょうどこの前の木曜日に終わったばかりの、比較的新しい作品です。

ずいぶん、人気があったようなので、ご存知の方もいるかもしれません。




あらすじ
(wikipediaより抜粋)

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。




この作品の最大の良さは、かなり重めのテーマを、さらっと表現しているところだと思います。


大切な友達の死をキッカケに、幼馴染たちは、個々に罪悪感を抱き、それを胸に生きています。
それぞれの生き方と混じりあったかたちで成長した罪悪感に振り回さる者もいれば、忘れたフリをしている者もいる。


個々が抱いている罪悪感の形は、高校生が抱えるには、若干重すぎるくらいのハードなものだったりするんですが、この脚本をドラマや映画でやれば、かなりドロドロしそうな所が、そこはやはりアニメの良いところで、キャラクターのかわいらしさや、演出によって、その苦味も、オブラートに包まれるんですね。

全11話ですが、この短い中で、これだけ、深く細かく、キャラクター一人一人の心理にスポットを当てている作品は、僕の中では初めてのような気がします。

可愛らしいパッケージにひかれて買った本の中身が、ゴリゴリの純文学だった・・・とでも表現しましょうか。

とにかく、泣けてしまう作品です。(この泣けるという表現は、浅はかなので嫌いなのですが・・・)

アニメの概念がもしかしたら、少し変わるかもしれませんよ。


ちなみに、埼玉県の秩父市を舞台設定のモデルにしていて、実在する建物、風景などが多く登場する作品です。僕は親戚が秩父に住んでいて、昔から何度も行ったことがあるので、その経験も手伝って、ぐいぐい引き込まれたのかもしれません。

〇関連記事・外部サイト⇒これまでに鑑賞したアニメ



images.jpg


スポンサーサイト
こんにちは、菊地です<(_ _)>

最近、困ったニュースがありました。

こちら

武田薬品工業という会社が、40年以上販売している消炎酵素薬「セラペプターゼ」(商品名ダーゼン)の有効性を証明できないため自主回収すると発表したらしいです。

この薬は、病院2000か所、診療所2万1000か所、調剤薬局4万6800か所に出荷していて、年間売り上げは約67億円にもなるものらしいです。

気管支ぜんそくのたんを切ったり、捻挫の腫れを引かせるといった効果があるという触れこみで、多くの人に処方された薬とのこと。


困ったものですね・・洒落になりません。

40年以上、病院で処方されていた薬に効果が無かった訳です。
何も知らず、それを飲んでいた患者さん達は、このニュースを知ってどう思うでしょう。


心中お察しします(*_*)


効能があるかはっきりしないものを40年以上販売していた、この会社はもちろん。
この薬のジェネリック(先発品と成分などが同等の後発品)を販売している各業者もどうかしてます。

どうやら、ジェネリック薬品を作る際、元の薬の有効性試験は行っていないようなので、仕方がないのかもしれませんけど、だからと言って「知らなかった」で済む問題じゃないと思います。



僕は、職業柄、ある種の薬の副作用に苦しめられている人を沢山見てきています(全ての薬が悪いと言う訳ではありません)。
全ての医者がそうだとは言いませんが、病院という場所は、薬を出す事で利益が上がるシステムになっているので、必要以上の薬をもらっている患者さんも少なくありません。

百歩譲って、効果がある薬だったなら、数が多くでも納得は出来ます。

しかし、効果が無い薬を処方されるなんて事があっていい訳無いじゃないですか!

薬代を出す為に、家計を圧迫している人だって、世の中には沢山いるんです。
本当に患者をバカにしてますね。



「どうかしてるぜ!!」



ああ、すみません。興奮してブラマヨの要素が出てしまいました。


武田薬品工業さんは、謝罪とかしないんですかね。
ネットで調べてみても、現時点でそういう動きは無いみたいです・・

何も知らないで、ずっと飲んでいた患者さん達の気持ちを考えたら、やっぱり謝罪するべきだと思います。
した所で、状況は変わりませんけどね・・・

僕は、この薬の有効性が確認出来なくなった経緯を、まったく知りませんから、いろいろと大人の事情があるんでしょうけど、本当に困ったものですね(*_*)

最後に

薬は「リスク」なんて言葉もありますが、薬は病気を治すものではありません。
基本的に、ある種の症状を「抑える」ものなんです。

症状を抑えている間に、人間の持つ自己治癒力がうまく働いてくれれば、効率良く改善させる事は可能だと思います。
しかし、だからと言って、結局は、自分の治癒力が症状を改善させているのであって、薬はあくまでも、その手伝いしか出来ないのです。

最近は、何でもかんでも薬に頼っている人が増えていますが、いったん、冷静になって、薬とはなんなのか?という事を、考えたり、調べたりしてみてはいかがでしょうか?





気功療法に興味のある方へ。お手軽な有料体験コースのご案内。
images.jpg



久しぶりに映画館に行ってきました。

鑑賞したのは「十三人の刺客」です。

やっぱりアクション映画は、大きいスクリーンに限りますね。特に三池監督の作品は絶対です。

前々から、随分グロテスクな演出をするなぁと思ってましたけど、今回の作品も、冒頭から息をのむ程の生々しさでした。

初デートや小さなお子さんと一緒に観る映画じゃないと思います・・。子供は泣いちゃうだろうな・・

ただ、そういうグロテスクで残酷なシーンは、ストーリーの大事な起承転結になるように意図されていて、観客もそのシーンがあることで、ぐっとのめり込んでしまうように出来ていると感じました。

そのグロテスクな演出があるからこそ、吾郎ちゃん演じる明石藩主の狂人具合が際立ってすごく良かったです。

この殿様、もう人間的な残酷さの枠から外れちゃってるんですね。悪い奴を通り越して、最後には哀れになってくるほど、人の道を踏み外している存在です。

そんな殿様が大きな権力を手にすれば、世の中が地獄と化すことを十二分に理解しながらも、「サムライとは主君に忠実たるもの・・」という強烈な思いを胸に、殿様に命を捧げる明石藩の人間と、
凶悪な明石藩主が更に大きな権力を持ち暴政を繰り返すことを阻止するため、命をかける十三人の刺客。

これは、単純な正義対悪の戦いではなく、お互いに大義名分ある、正義対正義の戦いです。

ラスト50分の壮絶な戦闘シーン。かなり見応えあります。

決して気分爽快になる映画ではありませんが、心に重厚に響いてくる何かがある作品です。

是非、ずーんとして下さい。
プロフィール

★手当て整体 菊地屋

東横線代官山駅から2分、JR恵比寿駅から9分の婦人病に特化した整体院。300件以上の感想あり。子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、不妊症などを改善したいが、できるだけ手術やホルモン療法は受けたくないという方におすすめの整体院。
http://kikuchiya.info

★子宮や卵巣の病気をできるだけ手術や薬に頼らずに改善するためのブログ

子宮筋腫 内膜症 卵巣嚢腫 生理痛 不妊症などの婦人病を、手術や薬に頼らずに改善するためのブログです。
http://fujinbyou-tomoni.com


★ストレスがたまる考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログ

心や身体の病気にならないためにも、生きづらさの原因となる偏った考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログです。
http://zukansokunetu.com

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。