HOME   »  2012年02月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、菊地です。


先日の、バスの中での話。


5歳くらいの女の子と、お母さんがバスに乗車してきました。
バスの種類にもよりますが、多くのバスは、前部は、一人掛けの席が左右に配置されています。
その時は、混雑の関係か、女の子とお母さんが、左右の席に分かれて座っていました。


僕は、その親子の2~3個前の席に座っていたので、彼女たちからすれば、僕の後頭部が見える形になります。


近くにいるとはいっても、親子の間は2メートルくらいは離れていますから、そこそこの音量で、二人は話してたんですね。
しばらくすると、女の子がこんなことを言いました。




「ねえママ、あの人、男の人なのに、なんで髪しばってるの?」




しかも、けっこうなボリュームで・・




それに対して、お母さんは。




「人は人、自分は自分!そんなこと言わないの!女の子だって髪が長くなきゃいけない理由はないでしょ!」




女の子「ふ~ん」




僕「・・・(苦笑)」




バスの中で、逃げ場が無いこともあって、なんだか、微妙に恥ずかしかったですね…
他の人に聞いたことはないですけど、こういうことは、「長髪の男あるある」なんでしょうか?


ちなみに、僕は、何回か経験してます・・


しかし、こういった子供の行動を見る度に、親は大変だな~と思います。
基本的に、子供は好奇心が旺盛なだけですから、もちろん彼らには悪気はない。


だからこそ、何度も何度も、しつけるのが親の役目なわけです。
でも、最近はそれができない人も多いみたいですね。
公共の場で、子供がいきすぎた行為をしていても注意しない親がけっこういます。


その点、バスの中のお母さんは、偉いですよね。真剣に、この子に教えてあげなきゃいけないという気持ちが伝わってくる叱り方でした。


最後に

ああ、そいえばこの前、知り合いのお子さんに、「三つ編みにしていい!?」と言われたので、好きにしていいよ。と答えたら、
とんでもない頭にされてしまいました・・(-_-;)
おそろしいやつらです。



「もしかすると、あれは「呪い」というものだったのだろうか・・」


「仮にそうだとすれば、私たちを生かしているのは、心の力に違いない・・・」


この続きは、僕の気功整体院のホームページへ!


★パソコン・スマートフォンの方はこちら→http://kikuchiya.info


★携帯電話の方はこちら→http://mobile.kikuchiya.info



その他のHP内容


・知人の不可思議な死から学んだこと


・声が出なくなった二度の体験について


・心とは?身体とは?


・身体は心に支配されている!?


・気の本質は情報にある・・など


スポンサーサイト
こんにちは、菊地ですm(_ _)m


先日、お見えになられた患者さんのお話です。
仮にAさんとします。


今まで、冷えとり健康法を長く指導してきて、冷えに悩む患者さんには沢山会ってきましたが、Aさんの冷えは、その中でも別格でした。


Aさんの冷えは、比較的、手足や体表面は温かいのに、内臓など身体の深部が冷えてしまうタイプのものでした。(このタイプの冷えについて、詳しく知りたい方は、こちらへ)


昔から、手足が火照っていて、夏などは、あまりにも足が熱いので、小型のアイスノンのようなものを足の裏に付けて寝ていたそうです。
現在も、それは続いていて、この寒さでも、裸足を布団から外に出して寝ているそうです。


想像しただけでも、身震いしてきそうですが、Aさんにとっては、長い間それが普通だったので、まさか、自分の身体が冷えているとは思いもしなかったようです。


Aさんは、この状態を長い間放置してしまったため、今までに、重度の腰痛、肩こり、ある部位のがん、うつ、不眠症など、さまざまな症状に発展してしまいました。


この仕事を何年かやっていると、一目見ただけで、ある程度は、その人の状態が予想できるんですが、正直な話、「これはうちでも厳しいかもしれない」という印象を持ったくらいです。


改めて、重度の冷えは怖いな・・と思いました(T_T)
みなさんも、時間がある時は、ゆっくり湯船につかって、疲れをとってくださいね。



「もしかすると、あれは「呪い」というものだったのだろうか・・」


「仮にそうだとすれば、私たちを生かしているのは、心の力に違いない・・・」


この続きは、僕の気功整体院のホームページへ!


★パソコン・スマートフォンの方はこちら→http://kikuchiya.info


★携帯電話の方はこちら→http://mobile.kikuchiya.info



その他のHP内容


・知人の不可思議な死から学んだこと


・声が出なくなった二度の体験について


・心とは?身体とは?


・身体は心に支配されている!?


・気の本質は情報にある・・など


こんにちは、菊地ですm(__)m
興味深いお話を患者さんから伺ったので、紹介したいと思います。




これは、11月頃から月2回のペースで通っている、40代女性の方のお話です。


この患者さんは、卵巣嚢腫で手術を勧められていたのですが、お子さん二人の受験を控えていたことと、病院のスケジュールがいっぱいだったことで、手術を先延ばしにしていたそうです。
そこで、何か出来ることがないか?とあれこれ探した末、僕が現在も(菊地屋と並行して)副院長として勤務している吉祥寺 理学気功へ来院となったわけですが、今月に入って定期健診を受けたところ、なんと「卵巣がすっかりきれいになっている」と担当医に言われたそうです。


卵巣の問題が無くなったことを確認できたので、もちろん手術は中止になり、ほっと一安心という場面のはずだったのですが、その後の担当医の対応に、この患者さんは嫌悪感を抱いたとのことでした。


卵巣嚢腫の手術の必要がないほど、改善した事実に対して、担当医は喜んでくれるどころか、あからさまに落胆の表情を示して、「治ってしまっては、さすがに手術出来ないですね・・」という様なことを言ったそうです。


これだけでも患者側の立場からすれば「!?」という感じなのですが、問題というはこれだけではありません。


この患者さんには、卵巣嚢腫の他に子宮筋腫もありました。
こちらの方も検査の上では、2センチ小さくなっていたのですが、担当医に「改善しているようで、良かったです。」という様なことを言ったところ、次のように医師から言われたというのです。


「検査上の大きさには、かなり誤差があるので、安心はできません。やはり手術が一番の方法です。せっかくですから、卵巣嚢腫の手術予定日に筋腫の手術をしてはいかがでしょう?」


この発言によって、この患者さんは、「改善したことには何の反応もしないで、ただただ、手術がしたいだけなんだ・・」という、ネガティブな気持ちになってしまったとのことです。


また、この発言にはもう一つの大きな矛盾点があります。


それは、お医者さんが、「検査上の大きさには、かなり誤差がある」と発言してしまっている点です。
一般に、お医者さんは、筋腫の大きさが大きくなればなるほど、手術を勧める傾向があります。
それは、「大きい」「小さい」が検査によって判断できるということが前提となってなければいけないのは言うまでもありません。


しかし、その検査にかなりの誤差があるということを、発言してしまうのは、患者側からすれば、不安を増長する要素でしかありません。


他のシュチエーションでの発言であれば、検査に誤差があるという発言は、「この先生正直な人だな」という、プラスの面にとられることもあるかもしれませんが、この場合は、どうしても執刀数を稼ぎたくてしかたがないのだな・・と思われてもしょうがないのではないでしょうか。


実際、この患者さんは落胆されたようですし・・


はっきりお伝えしますが、すべてのお医者さんが、このような態度をするわけではありません。
むしろ、患者さんからも、素敵なお医者さんもいるんですよというお話も伺います。


しかし、分野は違っても、患者さんを改善させようとするという面では同様の職業人として、このケースは、少し残念だなと思いました(T_T)


すべての手術にいえることですが、「本当に手術する必要があるのか?」これを、しっかりと考える必要があります。
プロフィール

★代官山駅から2分、恵比寿駅から7分の整体院。
少ない治療回数で頭痛、めまい、子宮筋腫、子宮内膜症、その他あらゆる症状を治したい方は、手当て整体 菊地屋へ

http://kikuchiya.info

★「菊地屋」モバイル専用HP
http://mobile.kikuchiya.info

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
・気功療法に興味のある方へ。お手軽な有料体験コースのご案内。
・はじめに・・このブログの活用の仕方
・趣味について
・気功家になるまでの歴史
菊地勇介さんの読書メーター
どんな質問でも結構です。お問い合わせ、施術のご予約はこちらのメールアドレスか、電話番号へお気軽にどうぞ!
kikuchiya10@gmail.com
03-6312-3519
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。