HOME   »  2012年03月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が、副院長として働いている、吉祥寺理学気功院には、日々いろんな営業電話がかかってきます。
ダントツで多いのが、通信サービス。いわゆる、電話やインターネットの割引サービス。


次に、サイトを上位に上げるためのサービスや、ポータルサイト関連のサービスなど、とにかくいろいろな会社から、営業の電話がかかってきます。


その度に断るのは、僕の係になっています。


というのも、僕は昔、某有名通信会社の割引サービスを販売するコールセンターで働いた経験がありまして、営業担当の気持ちも分かりますし、断りやすい言葉も知っているため、気付いたら自然と僕が係になってました。


ちなみに、シンプルで効果がある断り文句は、身内や友達にそのサービスを扱っている人間がいて、その人に一任しているという話です。


そんな面倒なことせず、はっきりと「必要ない」と言えばいいじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、そういった厳しい対応をすると、向こうも人間ですから、明らかに機嫌が悪い声をだしたり、ひどい場合は、舌打ちや悪口を言われる可能性もあります。


そんな反応をされて、頭にくるのも時間のムダです。


自分が嫌な気分にならないためにも、ある程度、丁寧に対応した方が無難な気がします。(もちろん、キッパリ断れる方が性に合う方はそうしてください。)
実際にはっきりと、身内をネタにして断れば、大人しく引き下がることがほとんどですから、お試しください。




さて、話は変わりますが、この前ある業者から、例のごとく営業の電話がありました。


こういった営業は基本的に、代表者の対応を望みます。
まあ、これは当然ですし、とりあえずいつものように「私が一任されてますので」と対応したのですが、この業者の切り返し方がなんとも不思議でした。




「誠に勝手ながら、弊社では、代表の方以外とはお話しできない決まりがございまして・・」というようなことを言うのです。




その話を聞いた後、僕は「もう結構です!」と、電話を置きました。
普段、僕はあまり怒らない方なんですが、この時は久しぶりにイラっとしましたね。


現代では、さまざまな企業が、ホスピタリティ(思いやりやもてなし)を大切にしており、お客のために何ら特にならないようなことまでする時代です。(リッツ・カールトンホテルの話は有名ですよね)
リッツ・カールトンホテルの逸話
そんな時代に、ここまで自分本位な会社があったことに驚きを隠せませんでした。


一般的に、電話対応をすべて一任されていると聞けば、その人間が、少なくともその会社の中で、ある程度の権限があると思うはずです。
そんな人間を相手に、直接的ではなくとも「あんたじゃ話にならないから上を出せ」と、言外に言っているわけですからビックリです。


相手を怒らして、営業的に何かいいことでもあるのか聞いてみたいところです(*_*)


お客さま第一主義というのは、極端だとは思いますが、サービスを提供しようとする人間の心構えとして最低限のホスピタリティは大切にしたいものです。


反面教師という意味で、良い勉強になりました。

〇関連記事・外部サイト⇒怒りをコントロールするコツ


スポンサーサイト

あまり、多くはありませんが、子供の患者さんを施術することもあります。
現在、実際に施術を受けているのは、2歳~7歳くらいのお子さんです。


何年も診ている子もいるので、たまに会う時は、親戚のおじさんにでもなったような気がして、なかなかいいものです。


子供を診ていると、「やっぱり子供は正直だな~」と思うことがよくあります。一番、そう思うのは、彼らの身体に、ストレスを受けた影響がはっきり出ていることを確認した時です。


基本的に子供は大人と比べて、身体のコリが少なく、「ここ痛い?」と聞いても、くすぐったいと言うことはあても、あまり痛そうな反応はしません。


しかし、幼稚園や保育園、または小学校などに入るようになると、子供にも、子供の社会の中のストレスが増えるようで、場合によっては、大人並みに身体の緊張が現れることがよくあります。


特に、環境が激変する入園、入学時には、それが顕著に現れる気がしますね。


大人からみれば、子供にはストレスが少ないという先入観があるかもしれませんが、言語化したり、はっきりと認識できないだけで、彼らにもストレスはあります。
僕自身は、小学生の低学年くらいから、ストレスを自覚していた記憶があるくらいですから・・(T_T)


前述したように、クラス替えや入学などの大きな変化を経験する時期の前後は、子供でも強いストレスを受けることがありますから、環境に慣れるまでは、多少、気を使ってあげると良いかもしれませんね。

〇関連記事・外部サイト⇒ストレスを総量で捉え、少しでも軽減できるように工夫する

先日、二歳数ヶ月のお子さんに、似顔絵を書いてもらいました。
妙にうれしかので、ご紹介します。

写真4



画像の加工のせいで、若干、みにくくなっていますが、左側の顔の下に「おねえちゃん先生」、右側の顔の下に「おにいちゃん先生」と書かれているのが見えますでしょうか。(字はお母さんによるものです)

この似顔絵を見た時に興味深かったのは、この子の中で、僕という一人の人間が、どのようの認識されているのだろうか?という点です。

普段、この子は、僕のことを、いつも「お姉ちゃん先生」と呼ぶんですが(多分、髪が長いからだと思います。)、その度に、お母さんや僕から、「お兄ちゃん先生だよ」と、やんわり正されています。

この年齢の子供は、まだ性別に対するはっきりした認識ができないため、おおざっぱに男女を区別しているだけでしょうから、お姉ちゃん先生とおもわれても仕方ありません。(そのおかげで、男の人を怖がる傾向がある子供さんとも、結構、仲良くなれますし…)

しかし、似顔絵の中では、お兄ちゃんとお姉ちゃんが別々に描かれています。

これは、どう捉えたらいいのか…

興味深いですね~

今度、聞いてみます。



<
プロフィール

★手当て整体 菊地屋

東横線代官山駅から2分、JR恵比寿駅から9分の婦人病に特化した整体院。300件以上の感想あり。子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、不妊症などを改善したいが、できるだけ手術やホルモン療法は受けたくないという方におすすめの整体院。
http://kikuchiya.info

★子宮や卵巣の病気をできるだけ手術や薬に頼らずに改善するためのブログ

子宮筋腫 内膜症 卵巣嚢腫 生理痛 不妊症などの婦人病を、手術や薬に頼らずに改善するためのブログです。
http://fujinbyou-tomoni.com


★ストレスがたまる考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログ

心や身体の病気にならないためにも、生きづらさの原因となる偏った考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログです。
http://zukansokunetu.com

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。