HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト読書について  »  10月に読んだ本
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、菊地ですm(__)m


10月に読んだ本をまとめるのを忘れてました(+_+)
今さらながらに載せておきます。
毎度のことですが、読書メーターからの引用なので、読んでいない人には、伝わらないコメントばかりでスミマセン・・


先月もボチボチな読書月間でした。


ひとつ新しい動きとしては、初めてスポーツ小説を読んでみたことですかね。


最近、警察小説で有名な堂場瞬一さんの作品を読むようになっていたんですが、この方はいろんなスポーツ小説も書いているということを知って試してみました。
結論を言えば、なかなか良かったです。


今回選んだ本は、上下巻でわりと長めだったんですが、とてもスピード感がある内容なので、サクサク読めました。
スポーツの世界の裏側がシビアだということは、一般論としては知っていましたけど、「強い者が偉い」という分かりやすい競争社会は、思った以上に過酷なようです。


「最近ダレてるな・・」と感じている方には、いい刺激になること間違いなしの作品です。


○水を打つ(上)(下) (実業之日本社文庫) [文庫]
堂場 瞬一 (著)


あらすじ

(上)
競泳メドレーリレーを舞台に死闘を繰り広げる男たちのドラマ

傑作スポーツ小説をラインナップする「堂場瞬一スポーツ小説コレクション」の第一弾は、特別書き下ろし競泳小説。
自由形の日本記録を持つ矢沢大河は、前回の五輪のメドレーリレーでは僅差でメダルを逃し、雪辱を期している。
そこに現れた高校3年生の小泉速人は新型水着を身につけて好記録を叩き出すが――
個人競技におけるリレーとは何か、ツール(水着)とは何かを迫真の筆致で描く問題作。


(下)
誰のために、何を求めて俺たちは勝利を目指すのか――

前回の五輪の4×100mメドレーリレーでは僅差でメダルを逃した日本男子競泳チーム。
その雪辱を果たすための舞台・東京オリンピックがいよいよ開幕する。新型水着「FS-1」は認可
されるのか、孤立を深める小泉はリレーのメンバーに選ばれるのか。選手、スポーツメーカーの
勝利への欲望が極致に達するとき、「take your marks」――プールにスタート音が鳴り響く。






2011年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1400ページ
ナイス数:25ナイス

■鬼物語 (講談社BOX)
世の中の法則から外れてしまった者に、制裁を加える役柄を、「闇」という形で具体的に演出しているところが面白いですね。気功家として、目に見えない「気」という存在を扱っていると、たしかに、法則めいたものがあることが少しづつ分かってきます。法則というとなんだか胡散臭いですけど、何かこう、そうとしか言いようがない力がある気がします・・ しかし、だからといって、八九寺があんなことになるのは・・切ないですね(T_T)/~~~
読了日:10月21日 著者:西尾 維新
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14416335

■水を打つ(下) (実業之日本社文庫)
上巻、下巻とぐんぐん引き込まれてしまいました。スポーツ選手、それも個人種目で勝負している人間のメンタリティには、圧倒されるものがあります。自分が勝つためには、誰かを蹴落とさなくてはいけない世界ですから、周囲はみんな敵です。しかし、メドレーリレーだけは違う。この時だけは4人がチームとして勝負に挑みます。リレーはどうなるのか?ハンカチが必要な作品です。水泳に興味が無い方でも十分楽しめる感動作品です。おすすめ。
読了日:10月14日 著者:堂場 瞬一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14004859

■水を打つ(上) (実業之日本社文庫)
スポーツ小説というジャンルを初めて読みました。オリンピックを目指す水泳選手たちの話です。あまり意識したことは無かったんですが、水泳選手の寿命って結構短いんですね。20代後半は、もう引退の時期らしいです。この上巻の見どころは、正に「世代交代」ですね。誰かが上に行けば、誰かが下に下がるという、資本主義ではおなじみの図式ですが、水泳のような個人競技では、この図式がこれまたエグイ・・「競争」という言葉の本質が分かります。下巻へ
読了日:10月11日 著者:堂場 瞬一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14004747

■囮物語 (講談社BOX)
キャラクターを壊すのって、作者的にはどういう気持ちなんでしょうかね。個人的に、そこまで撫子ちゃんに思い入れが無かったので、あまりショックでも無いんですが、八九寺真宵がこうなったら、ちょっとショックかな・・(+_+)
読了日:10月10日 著者:西尾 維新
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14416289


▼2011年10月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/77879/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/







「もしかすると、あれは「呪い」というものだったのだろうか・・」

「仮にそうだとすれば、私たちを生かしているのは、心の力に違いない・・・」

この続きは、僕の気功整体院のホームページへ!

★パソコン・スマートフォンの方はこちら→東京・吉祥寺・子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、あらゆる不定愁訴などでお悩みの方、「手当て気功ヒーリング 菊地屋」

★携帯電話の方はこちら→菊地屋 モバイル版サイト


その他のHP内容

・知人の不可思議な死から学んだこと

・声が出なくなった二度の体験について

・心とは?身体とは?

・身体は心に支配されている!?

・気の本質は情報にある・・など

スポンサーサイト
NEXT Entry
気をつけてください!
NEW Topics
人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ。他人のマネをせず、自分の土俵で勝負することの大切さ
落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
誰と付き合うかは、損得勘定で決めるべきだと思う
森三中、大島さんの妊娠について治療家として思ったこと
冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

★代官山駅から2分、恵比寿駅から7分の整体院。
少ない治療回数で頭痛、めまい、子宮筋腫、子宮内膜症、その他あらゆる症状を治したい方は、手当て整体 菊地屋へ

http://kikuchiya.info

★「菊地屋」モバイル専用HP
http://mobile.kikuchiya.info

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
・気功療法に興味のある方へ。お手軽な有料体験コースのご案内。
・はじめに・・このブログの活用の仕方
・趣味について
・気功家になるまでの歴史
菊地勇介さんの読書メーター
どんな質問でも結構です。お問い合わせ、施術のご予約はこちらのメールアドレスか、電話番号へお気軽にどうぞ!
kikuchiya10@gmail.com
03-6312-3519
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。