HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト気功関連の話  »  「足に気を集める」ことのメリット
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、よく患者さんにも指導していることで、僕自身も熱心に取り組んでいることがあります。
それは、「足に気を集める」という気功の技術です。


気を集めるって、具体的にどうゆうことですか?
と聞かれそうですが、簡単に言えば、「足を強く意識する」ということです。


「意至れば、気至れり」という言葉が表すように、意識をある場所に集中させると、その部分に気が集まってきます。(ちなみに、気が集まってくると、血液もそれに従って集まってきます)


足に気を集めることの一番のメリットは、精神的に安定することが挙げられます。


怒りそうな時にやれば、怒りがおさまり、怒ってしまった後でも、気分が落ち着きます。言うまでもなく、不安や恐怖、焦り、その他ネガティブな感情に対して効果てきめんです。


私たちが、感情のコントロールを失う時というのは、「頭に血が上っている時」です。
この状態を、気というエネルギーの側面から捉えなおすと、気が頭に上ったことによって、血液も頭に集まっていると考えられます。
(関連記事・外部サイト⇒頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?


よく緊張している人に対して「あがってるね」なんて言いますよね。
これは、何があがっているのかといえば、「気」があがっているんですね。


また、精神的に安定している人に対して、「あの人は落ち着いている」なんていうこともあります。
これも、何が落ち着いているのかといえば、「気」が下に落ちて着いている状態を表している訳です。


私たちの身体で言えば、下半身、もっといえば、末端である足に気が集まっていれば、その人の精神状態は、極めて落ち着いているといえるのです。


武道の世界などでは、下半身に気が充実している状態を「上虚下実」などと表現しますが、この状態は、精神的に落ち着いていることはもちろん、高いパフォーマンスが可能な状態とされています。つまり、相手よりも、リラックスしていて、落ち着いている方が、(勝ち負けがある競技であれば)勝者となる可能性が極めて高いということです。
これは、どんな分野でも当てはまることですね。


スポンサーサイト
NEXT Entry
プロの整体師さんが、有料体験モニターに参加してくださいました。
NEW Topics
新しいブログに引っ越しました
完璧な人間なんて、ちょっと気持ち悪い・・
間近で花火
いただきもの
楽な考え方
Comment
294
楽しみにしております!

293
こんにちは
ぴとさん

お世話になっております。
このテーマについては、近いうちにまた書くつもりなので、楽しみにしていてください。

292
お世話になります。
菊地先生こんにちは。今日、昼間から右手薬指が痛み、半身浴の時にその部分に意識を集中したら痛みがとれるかな…などと何となく思い、やってみたところでした。その後ちょうど先生のブログをみさせていただいたところ、気を集中するお話が書いてあり、なんてタイムリーな♪と、思わずコメントさせていただきました。『頭寒足熱』は気候に通いはじめてからよく意識することだったのですが、これからはそれに『意至れば気至る』も加えて意識したいな、と思いました。本当に色んなことに通づる言葉だと思います。 ぴと

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

★手当て整体 菊地屋

東横線代官山駅から2分、JR恵比寿駅から9分の婦人病に特化した整体院。300件以上の感想あり。子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、不妊症などを改善したいが、できるだけ手術やホルモン療法は受けたくないという方におすすめの整体院。
http://kikuchiya.info

★子宮や卵巣の病気をできるだけ手術や薬に頼らずに改善するためのブログ

子宮筋腫 内膜症 卵巣嚢腫 生理痛 不妊症などの婦人病を、手術や薬に頼らずに改善するためのブログです。
http://fujinbyou-tomoni.com


★ストレスがたまる考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログ

心や身体の病気にならないためにも、生きづらさの原因となる偏った考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログです。
http://zukansokunetu.com

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。