HOME   »   読書について  »  借金取りの王子―君たちに明日はない2―垣根涼介/著 新潮文庫を読みました。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

最近読んだ本の紹介です。


132972.jpg


借金取りの王子―君たちに明日はない2― 垣根涼介/著 新潮文庫



○あらすじ


リストラ請負人、村上真介の試練はつづく! 今度のターゲットはデパート、生保、そしてサラ金……。

「誰かが辞めなければならないなら、私、辞めます」企業のリストラを代行する会社で働く真介の今回の面接相手は――真面目で仕事もできるのになぜか辞めたがるデパガ、女性恐怖症の生保社員に、秘められた純愛に生きるサラ金勤めのイケメンなどなど、一筋縄ではいかない相手ばかり。八歳年上の陽子との恋も波瀾の予感!? 勤労者にパワーをくれる、笑って泣ける人気シリーズ、第二弾。
(新潮社ホームページから抜粋)


○感想

先日、ブログで紹介した「君たちに明日はない 垣根涼介/著 新潮文庫」の二作目です。この作品の中で特に共感した部分を引用してみました。


引用開始

「最近になって分かってきた。
人間は、受け入れがたい現実は受け入れない。不本意な将来には目を塞ぎ、代わりに自分に都合のいい未来だけを信じる。
(いつかおれも仕事で成功して、大出世するさ)
(こんなとこ辞めて年収八百万の仕事に就けば、家計もすぐに楽になるはず)
例えばそんな感じだ。さきほど面接した男もそうだった。成功の確率をシビアに弾き出すような計算は決してしない。そのための努力もしない。ただひたすら、何の根拠もない、お気楽ご気楽な将来へのイメージへ逃げ出す。リストラの最有力候補になるような愚かな人間ほどそうだ。そしてこの部署には、どうやらそんなタイプが多いようだ。」

引用おわり


この引用文だけみると、真介がかなり辛辣な人間に映るかもしれませんが、直後の展開を読むと、その印象が誤解であることに気づきます。


引用再開


「だから真介はそれを利用する。自分でも自覚はある。はっきり言って鬼だ。ひとでなしのやることだ。

そしてそういう面接態度は、しばしば人の恨みを買う。
クビにした社員に道ばたで待ち伏せされ、思い切り殴りつけられたこともある。
出勤したら、『死ね!』という落書きが会社のドアに殴り書きされていたこともある。
でも、これがおれの仕事だ。
気に入っているとまでは思わないが、納得してやっているー。」


引用おわり

前半の引用部分では、ダメな人間ほど、努力もしないし、都合のいい未来ばかり想像するものだ・・と、今まで好き放題やってきた社員に対して、バッサリと切り捨てていますが、後半の引用部分では、そんな人間の気持ちを利用する自分は鬼だ・・という思いを語っています。


この描写から、真介の潔さを感じます。


会社に多大な迷惑をかけるダメな社員がクビになるのは自業自得だから仕方がない、だけど、だからといって、自分がやっていることはろくでなしだと、真介は考えているわけです。


潔いですよね。


こういう考え方、すごく好きです。


人間は自分のやることをできるだけ正当化したいと考えるものです。
特に真介の仕事などの場合、この社員が会社を去るのは、自業自得なんだから仕方がない、むしろ会社のためだし、結果的には世の中のためになる素晴らしい仕事なんだ!という正義感や使命感で自分を正当化しないと、なかなか続けられない仕事のはずです。


実際、心に葛藤を抱えつつ、多くの人間は自分の仕事を正当化することでさまざまな仕事を続けています。
しかし、真介はそれをしない。


自分の仕事はろくでなしのすることだと分かっていながら、「でも、これがおれの仕事だ。気に入っているとまでは思わないが、納得してやっているー。」と、受け入れています。


自分を必要以上に甘やかさない強い人間は、こういう潔さを持っているものです。
すてきですね(゜o゜)


スポンサーサイト
NEXT Entry
好きなことにエネルギーを注ぐ
NEW Topics
新しいブログに引っ越しました
完璧な人間なんて、ちょっと気持ち悪い・・
間近で花火
いただきもの
楽な考え方
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

★手当て整体 菊地屋

東横線代官山駅から2分、JR恵比寿駅から9分の婦人病に特化した整体院。300件以上の感想あり。子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、不妊症などを改善したいが、できるだけ手術やホルモン療法は受けたくないという方におすすめの整体院。
http://kikuchiya.info

★子宮や卵巣の病気をできるだけ手術や薬に頼らずに改善するためのブログ

子宮筋腫 内膜症 卵巣嚢腫 生理痛 不妊症などの婦人病を、手術や薬に頼らずに改善するためのブログです。
http://fujinbyou-tomoni.com


★ストレスがたまる考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログ

心や身体の病気にならないためにも、生きづらさの原因となる偏った考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログです。
http://zukansokunetu.com

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031