HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト読書について  »  4月に読んだ本
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、菊地ですm(__)m


4月に読んだ本をまとめるのを忘れてました(+_+)
今さらながらに載せておきます。
毎度のことですが、読書メーターからの引用なので、読んでいない人には、伝わらないコメントばかりでスミマセン・・


先月もボチボチな読書月間でした。









2012年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3349ページ
ナイス数:26ナイス

■暴雪圏 (新潮文庫)
主人公が、小さな町の駐在所を一人で守る制服警官ということもあり、正直、あまり派手な物語ではないかもしれません。ただ、管轄地域をたった一人でまかされているという、東京ではちょっと考えられないシチュエーションが、一人の警官の苦悩を際立たせていて、とてもリアルさを感じる内容になっています。
読了日:04月22日 著者:佐々木 譲
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18376885

■君たちに明日はない (新潮文庫)
僕は個人的に最終章の「去りゆく者」が好きです。最後の最後の場面、いろいろな意味で胸にずどーんときます。 今回、著者初読でしたが、また素敵な作家さんに出会えました。うれしいです。
読了日:04月17日 著者:垣根 涼介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18258343

■カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)
今回も楽しませていただきました。アナグラムのからくりも面白かったです。 「他人の罪はよく見える。でも自分の罪は、背中にしょってるもんだから見えないんです。」という言葉が印象に残りました。
読了日:04月11日 著者:道尾 秀介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18118654

■何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
続き→じゃないかなと思います。そう考えると、主人公が山井に対して入れ込んでいた理由が、おぼろげに見えてくるような気がします。
読了日:04月04日 著者:中村 文則
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17944091

■何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
どう考えても、こんなことしたら後悔するだろうな・・と思うようなことでも、なぜか「そうをするしか無い」という衝動に駆られる時があります。人によって、それが暴飲暴食だったり、人殺しだったりする訳で・・。でも、暴飲暴食と人殺しという選択肢のふり幅は、一般的には非常に大きい。だからこそ、山井のような殺人犯は、社会から異常者というレッテルを張られるわけです。しかし、物語でも触れているように、山井と主人公には、似た部分があります。だからこそ、少しでも歯車が狂っていたら、俺もこいつだったかもしれない。という思いが強かっ
読了日:04月04日 著者:中村 文則
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17944090

■何もかも憂鬱な夜に
読了日:04月04日 著者:中村 文則
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087712877

■釈迦物語 (新潮文庫)
お釈迦さまが一人の人間として、実際にこの世界を生きていた頃の物語です。非常にシンプルにまとめられているので、気楽に読めます。
読了日:04月02日 著者:ひろ さちや
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17904791

■悪の教典
読了日:04月02日 著者:貴志 祐介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163809805

■龍神の雨 (新潮文庫)
本編もさることながら、あとがきが面白いです。そして、道尾さんがあとがきをお願いした経緯も面白い。 人間性が出るエピソードですね。
読了日:04月01日 著者:道尾 秀介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17904742


▼2012年4月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/77879/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/







「もしかすると、あの思い込みは、ある種の「呪い」として機能してしまったのだろうか・・」

「仮にそうだとすれば、私たちの身体は、想像以上に心から影響を受けているに違いない・・・」


この続きはホームページへ!

★パソコン・スマートフォンの方はこちら→東京・吉祥寺・子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、自律神経失調症、癌、ジストニア、肩こり、腰痛、眼精疲労、頭痛、片頭痛、冷え、不眠症、あらゆる不定愁訴などでお悩みの方、「手当て気功ヒーリング 菊地屋」

★携帯電話の方はこちら→菊地屋 モバイル版サイト


その他のHP内容

・知人の不可思議な死から学んだこと

・声が出なくなった二度の体験について

・心とは?身体とは?

・身体は心に支配されている!?

・気の本質は情報にある・・など
スポンサーサイト
NEXT Entry
先生の気の質が変わった気がします
NEW Topics
人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ。他人のマネをせず、自分の土俵で勝負することの大切さ
落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
誰と付き合うかは、損得勘定で決めるべきだと思う
森三中、大島さんの妊娠について治療家として思ったこと
冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

★代官山駅から2分、恵比寿駅から7分の整体院。
少ない治療回数で頭痛、めまい、子宮筋腫、子宮内膜症、その他あらゆる症状を治したい方は、手当て整体 菊地屋へ

http://kikuchiya.info

★「菊地屋」モバイル専用HP
http://mobile.kikuchiya.info

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
・気功療法に興味のある方へ。お手軽な有料体験コースのご案内。
・はじめに・・このブログの活用の仕方
・趣味について
・気功家になるまでの歴史
菊地勇介さんの読書メーター
どんな質問でも結構です。お問い合わせ、施術のご予約はこちらのメールアドレスか、電話番号へお気軽にどうぞ!
kikuchiya10@gmail.com
03-6312-3519
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。