HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日記  »  闘病記3 二度目の症状(痙攣性発声障害(SD))について
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のつづき。


○二度目の症状(痙攣性発声障害(SD))について



話声の症状に関しては、大学生の時よりも、この時の方が酷いものでした。



具体的な症状を、痙攣性発声障害(SD)の症状で例えると、「混合型」というものと酷似しています。



ちなみに、下記のサイトで、この症状で苦しんでいる患者さんの実際の声を聞くことができます。
声のケアと治療を考える会(ページ下部。外転型痙攣性発声障害の患者さんの声のサンプル)



この音声を聞いて、声が出なかった時のもどかしさがよみがえり、いたたまれない気持ちになりました。



それでは、この症状がどんなものなのかを具体的に知っていただくために、当時私が感じていたことをいくつか挙げていきたいと思います。


○電話やお店での注文


「えっ、今なんて言った?」「すみません。もう一度、おっしゃっていただけますか?」と、何度も聞き返されるので、できるだけ電話は避け、注文も誰かにお願いしていました。



○久しぶりに会う人


症状が出る前の私しか知らない人と、久しぶりに会うと、必ず「声どうしたの?」と聞かれます。
そこから始まり、「ストレス?」「何かあったの?」という展開になるのは、正直な話なかなか苦痛でした。



幸い、その辺のことを察してくれる家族や友人、職場の環境に囲まれていたので、最初に少し触れるだけで、後は何も無かったように接してくれたのには助かりました。



○コミュニケーション全般


声がうまく出ないので、自然と他人と会話が減っていきました。
もともとよく喋る人間なので、かなりストレスが溜まりました。



○患者さんに不安感を与えてしまうこと


二度目の症状が現れた時、私は既に、気功整体師として今の仕事をしていました。



大学生の頃とは違いある程度社会的な責任がありましたから、いくら声が出なくても仕事から逃げることはできません。



それに、仕事がうまくいかないことを、声のせいにするようなことはしたくなかったので、毎日、コツコツと声を出すための練習をしました。



「のどは長方形を横にした形をイメージして広げるといいようだ。」

「首の神経を気で緩めると調子がいい。」

「半身浴を長くした後は、声が出やすいなど・・」

数百通りの実験はしたと思います。



自分なりに研究した結果、多少は声が出るようになってきたので、実際に患者さんと会話してみようと思いました。



なるべくコミュニケーションを取ろうと、いろいろと話しかけてみたんですが、まだまだ普通の声には程遠かったようで、「風邪ですか?」「何かの病気ですか?」「声どうしたんですか?」などと、患者さんからよく聞かれていました。



患者さんは、心配して聞いてくださっているのですが、当時はかなり自信を失っていましたから、言葉の裏に「この先生で大丈夫かな?」と思われているのではないだろうか・・など、身勝手な被害者意識を持ったものです(笑)



一番、きつかったのは、有料体験コースの施術です。



正規のコースと異なり、有料体験はスタッフ一人で患者さんを施術します。(正規のコースは基本的に二人で施術します。そのため、会話の面はサポートしてもらえたのです)
約一時間、症状の説明や施術を、一人で担当しなくてはいけません。



これがなかなかキツかった・・(笑)



有料体験が入っている日は、いつもより何倍も憂鬱でした。
緊張しているため身体もガチガチで、そういう時ほど喉の筋肉も締まり、さらに声が出にくくなるのです。



初めて来院した患者さんが席につき、私の声を聞いた時の反応はさまざまでした。



「不思議そうな表情をされる方」

「特に何も無かったように接していただける方」

「声大丈夫ですか?と直接聞かれる方」など。

中には、露骨に「この人で大丈夫かな・・」という不安な表情をされる方もいました。(もちろん、患者さんは何も悪くありません)



そんな時は、理屈では仕方ないと分かっていても、自分の不甲斐なさが悔しくて仕方がありませんでした。



その後、約8ヶ月間で症状は改善しました。運が良かったのだと思います。



かなり酷似していることは確かですが、病院で正式に診断された訳ではないので、今となっては、一度目、二度目の症状が、発声時頸部ジストニアや痙攣性発声障害(SD)と同じ病気だったのかどうかは分かりません。
(調べてみたところ、似たような症状で、機能性発声障害、過緊張性発声障害、心因性発声障害、音声振戦症など、さまざまな症状があるようです)


ですから、「私が昔この病気だった」という言い方は、本当は正確ではないと思いますし、診断もされていないのに適当なことを言うな!と、お気を悪くされる方もいるかもしれません。



しかし、病名がなんであろうと、実際に酷似した症状に苦しんだことがある一人として、また、一時期、大切な存在証明を失い、迷走したことがある一人として、私は少しでも同じような境遇にあわれている患者さんの力になりたいというモチベーションがあります。
そして、気功ヒーリングには、それだけの可能性があると自負しています。



声の症状で悩まれている方、または、症状のせいで大切な存在証明を失ってしまいそうな方は、是非、ご相談いただきたいと思います。

誰よりも、共感を伴った治療ができるはずです。






○菊地屋の既存の患者さんへのメッセージ



長々と読んでいただき、誠にありがとうございます。
ここからは菊地屋の既存の患者さんへのメッセージです。



こういった仕事をしていると、どうしても「特別な力がある人」だと思われてしまう所があります。



そう思ってもらえるぐらいの圧倒的な技術を持つことは、治療家としてとても大切なことですが、この闘病記を読んでも分かる通り、私はみなさんと同じように、症状に泣き、症状に怒り、症状に圧倒されてきた普通の人間です。



症状があれば誰だって辛いですし、情けないこと、カッコ悪いことも結構してしまうものです。



私もそうでしたから・・(笑)



そんな自分をあまり責め過ぎてしまうと、そのストレスから、治るものも治らなくなってしまいます。



なんらかの罪悪感を抱いてしまった時は、この闘病記を読み返し、「エラそうにしてるけど、菊地もずいぶん情けなかったみたいだし、まあいいか」と思ってください。



そんな材料にしてもらえれば、あえてネガティブな過去を掘り返した甲斐もありますから。







「もしかすると、あの思い込みは、ある種の「呪い」として機能してしまったのだろうか・・」

「仮にそうだとすれば、私たちの身体は、想像以上に心から影響を受けているに違いない・・・」


この続きはホームページへ!

★パソコン・スマートフォンの方はこちら→東京・吉祥寺・子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、自律神経失調症、頭痛、片頭痛、肩こり、めまい、眼精疲労、腰痛、冷え、静脈瘤、不眠症、癌、ジストニア、発声時頸部ジストニア、痙攣性発声障害(SD)あらゆる不定愁訴などでお悩みの方、「手当て気功ヒーリング 菊地屋」

★携帯電話の方はこちら→菊地屋 モバイル版サイト


その他のHP内容

・知人の不可思議な死から学んだこと

・声が出なくなった二度の体験について

・心とは?身体とは?

・身体は心に支配されている!?

・気の本質は情報にある・・など
スポンサーサイト
NEXT Entry
一見、超能力に見えるけど・・
NEW Topics
人気アニメ、昭和元禄落語心中から学ぶ。他人のマネをせず、自分の土俵で勝負することの大切さ
落し物や不注意のケガは、心身の不調を訴えるサインかもしれない
誰と付き合うかは、損得勘定で決めるべきだと思う
森三中、大島さんの妊娠について治療家として思ったこと
冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
Comment
300
小山さん
コメントありがとうございます。
他の患者さんにも、同じような言葉をいただき、書いて良かったと思いました。
症状は違いますが、のどの締め付け感についてはよく分かります。苦しいんですよね・・
しかし、僕のように、必ず改善する時はきますから、一歩づつやっていきましょう。

299
いつも吉祥寺院でお世話になっているこやまです。
菊地先生のブログではじめてジストニアのことを知り、私のものを飲み込みづらくて喉が苦しくなる症状も似たようなものなのかなと思いました。声を出す筋肉と違う部位が収縮してしまってるだけで。緊張感があると喉が余計閉じるという感覚、すごく良くわかります。
自分と同じ症例で治ったという人を知らないので辛い気持ちになることがあります。が、菊地先生のように似たような症状で治った人がいるということがすごく励みになります。書いて下さり、ありがとうございます(´ω`)

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

★代官山駅から2分、恵比寿駅から7分の整体院。
少ない治療回数で頭痛、めまい、子宮筋腫、子宮内膜症、その他あらゆる症状を治したい方は、手当て整体 菊地屋へ

http://kikuchiya.info

★「菊地屋」モバイル専用HP
http://mobile.kikuchiya.info

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
・気功療法に興味のある方へ。お手軽な有料体験コースのご案内。
・はじめに・・このブログの活用の仕方
・趣味について
・気功家になるまでの歴史
菊地勇介さんの読書メーター
どんな質問でも結構です。お問い合わせ、施術のご予約はこちらのメールアドレスか、電話番号へお気軽にどうぞ!
kikuchiya10@gmail.com
03-6312-3519
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。