HOME   »  気功関連の話
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、有料体験モニターに、脊柱管狭窄、座骨神経痛、股関節痛、左膝の痛み、しびれなどに悩むY・Nさんという男性がいらっしゃいました。


今まで、整形外科を始め、整体や指圧などに通ったが、なかなか改善しないということで、菊地屋にお越しいただいたんですが、施術の最中この方が、「こんなに親切にされたことはない」と何度も繰り返しおっしゃるんですね。


なんだか、こっちも恐縮してしまうくらいに(笑)


話を伺ってみると、症状を年齢のせいにされてしまったり、ろくに説明もなく施術だけされたり、言いたいことも言えずに終わってしまったりすることが多かったようなんです。


まあ治療家もいろいろですし、個人の考えを否定するつもりはありませんけど、僕は、治療というものは、「コミュニケーション」そのものだと考えています。


コミュニケーションでつまづいてしまうと結果も芳しくないケースが多いです。逆に気持ちのいいコミュニケーションが取れた時は、良い結果がついてくるものです。


患者に心を閉ざされてしまったら、「治るものも治らない」
僕はそう思います。


コミュニケーションを大切にしているからこそ、僕の説明は丁寧にならざるを得ないのだと思います。(たぶん)




20120425145615.jpg


4月25日の気功ヒーリング有料体験モニターに参加していただいたのは多摩市在住のY・Nさんです。
脊柱管狭窄、座骨神経痛、股関節痛、左膝の痛み、しびれでお悩みの方です。


Y・Nさんのコメント
治療を受けた後、非常に身体全体が軽くなり驚いています。有り難うございました。アドバイスに従い入浴(毎日行っています)は長めに行うよう今後留意していきたいと思います。


こんにちは、菊地ですm(__)m
足に気を集めることのメリットのつづきです。

前回、足に気を集めるためには、足の裏を指圧したり、こぶしでたたいたりすることが有効だと述べました。(意識しやすくなるため)

毎日、1分でも30秒でもいいので繰り返し続けていくと、足の裏の感覚が鮮明になっていくのが、少しづつ分かってくるはずです。

なんとなく、以前より感覚がはっきりしてきたと思ったら、今度は、足には触れずに、意識を足の裏に向け、足の裏を指圧したり、こぶしでたたいたりした直後の残像のような感覚を思い出してみてください。

すると、手で触れた時よりは明確ではなくとも、なんとなくその時の感覚が、足の裏に、記憶として蘇るはずです。
(ちょっと分からないという方は、手で刺激する段階をさらに継続してください。近いうちに必ず感覚がつかめるはずです)

この感覚の記憶を再現することは、気功のスキルを上げるためには、とても重要なポイントですから、(その理由は、別の機会に触れます)繰り返し、足の裏に意識を向け、手で触れた直後の残像のような感覚の記憶(温感やビリビリとした電気的な感じ、膨張した感覚など、感じ方はそれぞれです)を再現できるようにしましょう。

この感覚が、いわゆる「気感(気の感覚)」なのです。

つづく







「もしかすると、あの思い込みは、ある種の「呪い」として機能してしまったのだろうか・・」

「仮にそうだとすれば、私たちの身体は、想像以上に心(内的情報)から影響を受けているに違いない・・・」


この続きは、僕の気功整体院のホームページへ!

★パソコン・スマートフォンの方はこちら→東京・吉祥寺・子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、自律神経失調症、ジストニア、あらゆる不定愁訴などでお悩みの方、「手当て気功ヒーリング 菊地屋」

★携帯電話の方はこちら→菊地屋 モバイル版サイト


その他のHP内容

・知人の不可思議な死から学んだこと

・声が出なくなった二度の体験について

・心とは?身体とは?

・身体は心に支配されている!?

・気の本質は情報にある・・など


足に気を集めることのメリットのつづきです。


前回は、「意至れば、気至れり(意識によって気を操作する)」というシステムを使って、足に気を集めることのメリットについて書きました。


足に気を集めることで「上虚下実」の状態を作る努力をすると、いくつものメリットがあります。
前回、触れたように、精神的に安定することはもちろん。
(関連記事・外部サイト⇒不安定な精神状態と頭に血が上ぼった状態(頭熱)の関係性)


上半身の力が抜けることで、頭痛や肩こり、手や腕の症状の改善。呼吸が深くなったりと、全身のあらゆる症状が、自然とよくなっていきます。




地味ですが、本当に驚くほど効果的です。




足に気を集めるための方法論はいくつもありますが、今回はその中の一つを紹介したいと思います。


まず、前回のおさらいですが、足に気を集める=足を意識するということです。
足だけでなく、全身どこでもそうですが、今まで無意識だった部分を意識に上げることで、気を生み出すことができます。
つまり、気の操作とは、「意識の操作」であることを覚えておいてください。



身体のある部分に意識を集中しようとした時、シンプルですが、とても有効な方法は、その部分に「触れる」ことです。
具体的には、足の裏を指圧したり、こぶしでたたいたりして、その時の感覚を覚えてください。


心地よい痛み、ビリビリした電気的な刺激、鈍い刺激・・人によって感じ方はさまざまでしょうが、どう感じるかどうかは関係ありません。
とにかく、その感覚をすぐに思い出せるくらいに、毎日、1分でも30秒でもいいので繰り返し続けてみてください。これが第一ステップです。
足の裏の刺激は、なかなか心地よいので、マッサージのつもりでやれば続けられると思います。

次回に続く


プロフィール

★手当て整体 菊地屋

東横線代官山駅から2分、JR恵比寿駅から9分の婦人病に特化した整体院。300件以上の感想あり。子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、不妊症などを改善したいが、できるだけ手術やホルモン療法は受けたくないという方におすすめの整体院。
http://kikuchiya.info

★子宮や卵巣の病気をできるだけ手術や薬に頼らずに改善するためのブログ

子宮筋腫 内膜症 卵巣嚢腫 生理痛 不妊症などの婦人病を、手術や薬に頼らずに改善するためのブログです。
http://fujinbyou-tomoni.com


★ストレスがたまる考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログ

心や身体の病気にならないためにも、生きづらさの原因となる偏った考え方や固定観念を壊し、楽に生きていくためのブログです。
http://zukansokunetu.com

菊地勇介
1982年10月16日生まれ てんびん座O型 東京都生まれ。 22歳の頃から、冷えとり健康法の指導、婦人科系の病気で実績のある吉祥寺中欧・理学気功院にて修行を始める。
異例のスピードで臨床の現場、研修生の指導を任され、現在は副院長として深く現場に関わりながらも、オリジナルのスタイル、独特の施術理念を活かした施術活動を展開、日々患者と向き合っている。
読書メーター
菊地勇介の最近読んだ本
QRコード
QRコード
相互リンク
整体・カイロ
鍼灸・接骨 気功・ヒーリング リフレクソロジー その他 ポータルサイト
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ブログ内検索

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。